about

Try angle for 3.11
何もしないことだけは、不正解だと思う。

Try angle for 3.11は、首都圏に住む3人の大学生によって運営されている、震災・原発事故に関する情報の、ちいさなポータルサイトです。

このサイトには最終的に、全部で7つのトピックが掲載されます。ひとつのトピックには、それぞれ3つの視点から書かれた記事が含まれています。更新は3月3日までの毎週土曜日。なお、それぞれのトピックで使った情報や写真の出典は明記しています。また、情報の信頼性に関しては、あくまでもわたしたちが信頼できると考えた情報を引用しています。

もう1年の歳月が経とうとしているのに、いまだに終わることのない東日本大震災。そんな震災に対して、私たち3人がいったいなにができるのか。何をすれば正しいのか。その答えを最初、私たちは見つけることはできませんでした。でも、何もしないことだけは、いやだ。何もしないことだけは、不正解だと思う。そう考えた私たちがたどり着いたのが、このサイトです。

多すぎる情報たちや動きまわる情報たちを、少しでもわかりやすく、見えやすくしたい。そこに3つの視点を盛り込むことで、なんとなく、事実に近づきたい。そしてひとりでも多くの人に、「何か」をはじめるきっかけを提供したい。たとえば、それぞれの記事を読んで自分なりの視点を見つける、記事に自分の考え方をコメントする、自分なりに持った視点や意見を友だちに話す、情報を自分で調べなおしてみる…。ちいさな「何か」はたくさんあるし、ちいさな「何か」でも意味はあると、私たちは考えています。

ひとりの大学1年生の女の子、そしてふたりの大学4年生の男の子。それぞれが持ち合わせた3つの視点を、それぞれのトピックに散りばめることができるよう、私たちなりに努力したサイトです。もちろんそれだけで、たくさんの情報をまとめることができているわけではありません。でも、そんな3つの視点に、みなさん自身の「4つめ」の視点を加わわれば。そしてその視点がもう少し先の「何か」につながれば、幸いです。

2012年2月11日
首都圏の大学生、3人